FC2ブログ

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの初心者向けおすすめ入門情報

弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)の初心者向けおすすめ入門情報をわかりやすく発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初心者におすすめのビオラの選び方

初心者はどんなビオラの選び方をしたらよいのでしょうか。

ビオラの選び方で大切なポイントはバイオリンの選び方とほとんど変わりません。削り出し手工で作られていること、仕上げ作業(フィッティングと調整)がきちんとされていることの2点が重要で、この2点によって、おもちゃレベルのビオラか、本物のビオラかが決まります。初心者といえどおもちゃのビオラでは上達はもちろん、演奏そのものがままなりません。初心者でも本物のビオラを手に入れる心構えが重要です。

ビオラ本体の販売・購入はこちら

ビオラはバイオリンと同様、中国で品質の高い削り出し手工の楽器が多く作られています。特に仕上げ作業がまともにされているかどうかは重要で、これをやり直すとその修理・調整費用だけで10万円を超えてしまいます。最終的には、仕上げ作業が及第点のビオラで7万円くらいから、まったく問題ないもので14万円くらいからとなります。バイオリンのサブで遊びで持つなら仕上げ作業が及第点レベルのビオラもありかもしれませんし、初心者の方にはできれば仕上げ作業がまったく問題ないものをおすすめしたいです。

では、具体的に何を選んだらよいのでしょうか。最も簡単なのは、実績のあるブランドで決めることです。初心者におすすめの削り出し手工で仕上げ作業も完璧なビオラを含む弦楽器のブランドのひとつに、ピグマリウスというブランドがあります。ピグマリウスの歴史は長く、1976年に発表されています。ピグマリウスは今日まで国内外で
高い評価を受け続けており、五嶋みどりがピグマリウスの分数バイオリンを使用していたことでも有名です。

最後に、ビオラ特有のポイントをひとつ。それは、楽器のサイズです。ビオラのサイズは、よくあるもので38~43cmと様々です。標準的なサイズは41cm前後と言われていますが、初心者にははっきりいって大きくて扱いづらいです。かといって、小さすぎるとビオラらしい音が出にくいので、丁度良い大きさのビオラを選ぶことが重要です。初心者に最適な大きさはズバリ、395mmです。この大きさが、扱いやすくて音が良い、絶妙のバランスです。特別腕が長かったり指が長い人は、もう少し大きなビオラを検討しても良いでしょう。

初心者でも失敗が少ないのは以上の方法ですが、それ以外の楽器でも良い楽器はいろいろあります。いろいろと見比べつつ楽しんで選ぶことをおすすめします。
関連記事
スポンサーサイト
ビオラ ヴィオラ 初心者 おすすめ 選び方 ピグマリウス
[ 2012/09/09 18:28 ] ビオラ初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

弦左衛門

Author:弦左衛門

最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。