FC2ブログ

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの初心者向けおすすめ入門情報

弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)の初心者向けおすすめ入門情報をわかりやすく発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初心者におすすめのバイオリンの選び方

初心者はどんなバイオリンの選び方をしたらよいのでしょうか。

バイオリンで大切なのは削り出し手工で作られていること、仕上げ作業(フィッティングと調整)がきちんとされていることの2点です。この2点を満たしているかどうかが、おもちゃレベルのバイオリンか、バイオリンに求められる機能をすべて備えた本物のバイオリンかを決定づけると言えます。当然ですが、初心者ならおもちゃのバイオリンで良いということはありません。初心者でもぜひ本物のバイオリンを手に入れてください。

バイオリン本体の販売・購入はこちら

現在ではユニクロなどアパレルから多くの工業製品まで世界の工場となっている中国で、品質の高い削り出し手工のバイオリンが多く作られています。きちんとバイオリンの形になっているもので3万円くらいから出回っています。しかし重要なポイントは仕上げ作業がまともにされているかどうかです。これをやり直すとその修理・調整費用だけで10万円を超えてしまいます。最終的には、仕上げ作業が及第点のバイオリンで5万円くらいから、まったく問題ないもので10万円くらいからとなります。初心者の方にはこのあたりをおすすめしたいです。なお、中国製以外で同じクオリティを求めると、2倍くらいの値段となります。

では、具体的に何を選んだらよいのでしょうか。最も簡単なのは、実績のあるブランドで決めることです。初心者におすすめの削り出し手工で仕上げ作業も完璧なバイオリンのひとつに、ピグマリウスというブランドがあります。ピグマリウスは1976年の発表以来、国内外で高い評価を受け続けている弦楽器のブランドです。ピグマリウスのラインナップは多彩で、初心者からプロフェッショナルまで幅広く対応しています。ピグマリウスのバイオリンは、かつてアメリカ・ジュリアード音楽院の名教師、ドロシー・ディレイによって当時渡米したばかりの五嶋みどりのために選択された実績を持つなど、非常に高い評価を受けています。プロフェッショナルモデルのルビーノシリーズは、ソロ・コンサート用途にも充分使用できる最高峰の新作楽器です。

初心者でも失敗が少ないのは以上の方法ですが、それ以外の楽器でも良い楽器はいろいろあります。いろいろと見比べつつ楽しんで選ぶことをおすすめします。
関連記事
スポンサーサイト
バイオリン ヴァイオリン 初心者 おすすめ 選び方 ピグマリウス
[ 2012/09/08 01:23 ] バイオリン初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

弦左衛門

Author:弦左衛門

最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。