バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの初心者向けおすすめ入門情報

弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)の初心者向けおすすめ入門情報をわかりやすく発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チェロとは何か

チェロは弦楽器の中でバイオリンに次いでファンの多い楽器です。

チェロの成り立ちは、元々コントラバスの原型とされるビオローネという楽器があり、次いで小型のビオローネが作られてこれが現在のチェロになります。その楽器の名前は、ビオローネに小さいという意味の「チェロ」を付け、「ビオロンチェロ」と呼ばれました。英語ではこれが略されてチェロと呼ばれるようになりました。

チェロは、4本の弦を低い順にド、ソ、レ、ラに調弦して演奏します。音域はビオラの1オクターブ下で、主にヘ音記号を使います。チェロの演奏方法は、エンドピンと呼ばれる金属の棒で床に固定し、演奏者は椅子に座って楽器を保持します。そして左手で弦を押さえて音を決め、右手で弓を操作して弦を擦ることで音を出します。ちなみに昔はエンドピンがなく、両足に挟んで演奏しました。

チェロ関連商品の販売・購入はこちら

チェロを演奏するために絶対に必要なものは、楽器本体と弓の他、弓で音を出すために弓に張られている毛に付ける松脂です。

以上が演奏するにあたって絶対に必要なもの。

チェロの場合、床面によってエンドピンが安定しない場所では、エンドピンストッパーが必要な場合もあります。加えて、チェロをしまったり持ち運ぶにはもちろんケースが必要です。さらに、弦は消耗品なので数ヶ月に1度の交換が必要であり、時には切れてしまったりするので、予備を用意しておいた方が良いでしょう。

それ以外には調弦をするためには音叉かチューナー、練習用に譜面台、メトロノーム、練習用に音を小さくする消音器、演奏する曲によって指定のある弱音器、メンテナンス用のクリーナー、クロスなどを必要に応じて選ぶと良いでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
チェロ 初心者 入門
[ 2012/09/05 00:23 ] チェロ初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

弦左衛門

Author:弦左衛門

最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。