FC2ブログ

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの初心者向けおすすめ入門情報

弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)の初心者向けおすすめ入門情報をわかりやすく発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビオラ弦の選び方:ピラストロ編その1(ガット編)

ビオラ弦のメーカー別紹介、ピラストロ編その1(ガット編)。ビオラ弦の販売・購入はこちらから。

ピラストロ社といえば伝統のガット弦を外して語れません。ガットとは、羊の腸を乾燥させたもので、ビオラを含むバイオリン属の弦楽器が完成した18世紀頃から現在まで長く使われ続けている弦の材料です。ナイロン弦と比較し、自然素材のため、品質やピッチの安定性に弱点があるものの、ガットならではの豊かな音色は他に代えがたい魅力があります。

オリーブはピラストロ社を代表するフラッグシップ銘柄で、主にバイオリン弦、ビオラ弦で高い評価を受ける最高級のガット弦です。倍音が大変豊かで、強く輝かしい音色が特徴で、ビオラの場合、弱くなりがちな低音弦でも力を発揮します。ガット弦の醍醐味を味わうなら是非一度は経験したい弦です。

オイドクサはオリーブと双璧を成すピラストロ社の代表的な銘柄で、オリーブとは対照的に柔らかく暖かい響きが特徴です。もちろんガット弦ならではの豊かな倍音はナイロン弦とは一線を画します。オリーブとまさしく人気を二分するガット弦で、多くのファンがいます。オリーブと比較してリーズナブルな価格設定なことも魅力です。

パッシオーネはピラストロ社が数十年ぶりに世に送り出した最新のガット弦です。近年はナイロン弦の開発に注力していたピラストロ社ですが、ガット弦ファンのことも忘れていませんでした。ガットらしいダイナミックレンジ(音の強弱)の広さ、音質表現の幅広さ、そして豊かな音色。 加えて、最新の芯材製造技術により、音程の安定性と耐久性が向上しています。

コルダはちょっと毛色の違うガット弦で、バロック・ビオラでの使用を想定しています。A線、D線は金属の巻線のないプレーン・ガットで、文字通りの昔ながらのガット弦の形態をしています。なおG線、C線はシルバー巻です。弦の直径やテンションが一般的な弦とは異なりますので、現代のモダン・ビオラでは使用できない場合もあります。
関連記事
スポンサーサイト
ビオラ弦 ヴィオラ弦 ピラストロ ガット オリーブ オイドクサ パッシオーネ コルダ
[ 2012/10/19 00:02 ] ビオラ初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

弦左衛門

Author:弦左衛門

最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。