FC2ブログ

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの初心者向けおすすめ入門情報

弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)の初心者向けおすすめ入門情報をわかりやすく発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイオリン弦・ビオラ弦・チェロ弦・コントラバス弦のメーカー

トマスティック-インフェルト社/Thomastik-Infeld

トマスティーク、インフェルドとも。1919年のオーストリア・ウィーンで、バイオリン製作家Dr. Franz Thomastik(フランツ・トマスティック博士)と技術者のOtto Infeld(オットー・インフェルト)が共同設立。当時の弦はガット(羊の腸)を素材としているものが主でしたが、彼らは金属を素材とする弦を開発・製造しました。結果、安定した品質で、音の狂いが無く、耐久性に優れ、経済性も高い優秀な弦が誕生しました。フラッグシップ銘柄はドミナント。

ピラストロ社/Pirastro

1798年ドイツ・オッフェンバッハでイタリア系移民のジョルジョ・ピラッツィが弦の製作を始めました。ジョルジョの弦はパガニーニによって愛用されたことで世界中で一躍有名に。1875年には創業者ジョルジョの孫グスタフ・ピラッツィがグスタフ・ピラッツィ&カンパニーを設立、ピラストロという商標が登録されました。その後1922年に入社したヘルマン・ピラッツィが現在でもフラッグシップ銘柄のオイドクサとオリーブを開発しました。2002年にはピラストロ社に商号変更、現在に至ります。

ヤーガー社/Jargar

1956年にデンマーク・コペンハーゲンでヤール・ハンセンが設立。ヤールはガスパール・カサドの弟子で、デンマーク王立歌劇場管弦楽団に所属するチェリストでした。バイオリン弦、ビオラ弦、チェロ弦はスチールの芯線を、コントラバス弦は細いワイヤーをねじった芯線を使用し、バイオリンのE線を除く全ての弦は銀、アルミ、銅、合金を芯線に巻いています。特にチェロ弦が広く受け入れられています。

ラーセン社/Larsen

1985年頃、デンマークのバイオリニストだったラウリッツ・Th・ラーセンが友人のためにチェロ弦を開発したところ、世界中で評判となり注文が殺到したことから、優秀なチェロ弦としての評価をあっという間に確立しました。現在はバイオリン弦、ビオラ弦、チェロ弦を生産しています。バイオリン弦とビオラ弦はシンセティック・コア弦です。

ダダリオ社/D'Addario

1918年、イタリア移民のチャールズ・ダダリオがアメリカ・ニューヨークで弦の生産を開始し、総合弦メーカーとして発展してきました。バイオリン弦、ビオラ弦、チェロ弦の専門メーカーだったカプランを買収し、バイオリン属の弦楽器部門でもトップシェアを獲得。安価なナイロン弦(プロアルテ)や非常に柔軟なスチール弦(ヘリコア)など、独特な銘柄で勝負しています。

その他

サバレス社(Savarez)はギター弦で大変有名なフランスの弦メーカーで、コレルリ・ブランドが知られています。フロジェル社(Frojel)はスウェーデンの弦メーカーでプリム・ブランドです。同じくスウェーデンからクラウン(Crown)ブランド。バイオリンのE線のみのブランドとしてレンツナー社(Lenzner)のゴールドブラカット、ヒルアンドサン(W.E.Hill & Sons)ブランドのヒル、カガンアンドゲインズ社(Kagan & Gaines)のウェストミンスターがあります。
スポンサーサイト
バイオリン弦 ヴァイオリン弦 ビオラ弦 ヴィオラ弦 チェロ弦 コントラバス弦 トマスティック-インフェルト ピラストロ ヤーガー ラーセン
[ 2012/09/25 02:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

弦左衛門

Author:弦左衛門

最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。