バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの初心者向けおすすめ入門情報

弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)の初心者向けおすすめ入門情報をわかりやすく発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイオリン弦の選び方:トマスティック-インフェルト編

バイオリン弦のメーカー別紹介、トマスティック-インフェルト編(トマスティーク、インフェルドとも)。バイオリン弦の販売・購入はこちらから。

トマスティック-インフェルト社と言えば、同社のフラッグシップにして最も有名なバイオリン弦、ドミナントが何と言っても定番中の定番です。伝統的なガット(羊の腸)を芯材(コア)に用いる代わりに、ペルロンと呼ばれるナイロン系の素材を芯材に用いてバイオリン弦に革新をもたらし、ナイロン・コア弦の地位を不動にしたブランドです。ドミナントにはクセがなく、新作からオールドまでどのような楽器とも抜群の相性を誇ります。ピッチの安定感があり、演奏性と表現力に優れている上、価格も比較的リーズナブルなので、まさしく万能のバイオリン弦と言っても過言ではないでしょう。かつてはガット弦の対極にある廉価弦のイメージもありましたが、巨匠イツァーク・パールマンを始め多くの著名演奏家が愛用したことから、現在ではその能力の高さを疑う声は殆どありません。

インフェルト赤(インフェルドとも)とインフェルト青は、大人気のドミナントをベースにちょっとしたキャラクター付けをしたバリエーションのバイオリン弦です。その証拠に、バイオリンのテールピース側の糸の色(G線:黄、D線:緑、A線:青)が同じです。ペグ側がドミナントは紫、インフェルト赤が赤、インフェルト青が青となっています。使い勝手(安定性や弾き心地)はドミナントと大きく変わらず、音色の印象がそれぞれ異なり、音色が赤は豊かな感じ、青はシャープな感じです。ドミナントが好きで、少し飽きた方は色々遊べてぴったりの弦でしょう。

ヴィジョンは、輪郭のはっきりした音色のイメージです。チタニウム、ソロなどのバリエーションがあります。ドミナントと同じメーカーの同じナイロン・コア弦ではありますが、ドミナントのバリエーションに留まらない評価を確立しており、これでなくてはというファンも多いようです。

スピロコアは、芯材にガットでもナイロンでもなく、スチールを用いた弦です。ただし、分数バイオリン用途をイメージするようなスチール弦とは異なります。そのような廉価スチール弦がソリッドなスチール・コアであることに対し、スピロコアは細いスチールを螺旋状に組み合わせているため、一本調子ではなくきちんと豊かな倍音が出ます。ガットにもナイロンにもない特性を活かした使い方で色々な可能性があるでしょう。

その他、バイオリン弦ではE線単体のブランドとしてE-プログラムe01という銘柄があります。E-プログラムは往年のスペシャル・プログラムという名前で有名なクセのないE線です。e01は、インフェルト青やヴィジョンとの組み合わせを念頭に開発されたようで、シャープな音色が特徴です。
スポンサーサイト
バイオリン弦 ヴァイオリン弦 トマスティック-インフェルト ナイロン ペルロン ドミナント インフェルト赤 インフェルト青 ヴィジョン スピロコア
[ 2012/09/28 18:55 ] バイオリン初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)

バイオリン弦・ビオラ弦・チェロ弦・コントラバス弦のメーカー

トマスティック-インフェルト社/Thomastik-Infeld

トマスティーク、インフェルドとも。1919年のオーストリア・ウィーンで、バイオリン製作家Dr. Franz Thomastik(フランツ・トマスティック博士)と技術者のOtto Infeld(オットー・インフェルト)が共同設立。当時の弦はガット(羊の腸)を素材としているものが主でしたが、彼らは金属を素材とする弦を開発・製造しました。結果、安定した品質で、音の狂いが無く、耐久性に優れ、経済性も高い優秀な弦が誕生しました。フラッグシップ銘柄はドミナント。

ピラストロ社/Pirastro

1798年ドイツ・オッフェンバッハでイタリア系移民のジョルジョ・ピラッツィが弦の製作を始めました。ジョルジョの弦はパガニーニによって愛用されたことで世界中で一躍有名に。1875年には創業者ジョルジョの孫グスタフ・ピラッツィがグスタフ・ピラッツィ&カンパニーを設立、ピラストロという商標が登録されました。その後1922年に入社したヘルマン・ピラッツィが現在でもフラッグシップ銘柄のオイドクサとオリーブを開発しました。2002年にはピラストロ社に商号変更、現在に至ります。

ヤーガー社/Jargar

1956年にデンマーク・コペンハーゲンでヤール・ハンセンが設立。ヤールはガスパール・カサドの弟子で、デンマーク王立歌劇場管弦楽団に所属するチェリストでした。バイオリン弦、ビオラ弦、チェロ弦はスチールの芯線を、コントラバス弦は細いワイヤーをねじった芯線を使用し、バイオリンのE線を除く全ての弦は銀、アルミ、銅、合金を芯線に巻いています。特にチェロ弦が広く受け入れられています。

ラーセン社/Larsen

1985年頃、デンマークのバイオリニストだったラウリッツ・Th・ラーセンが友人のためにチェロ弦を開発したところ、世界中で評判となり注文が殺到したことから、優秀なチェロ弦としての評価をあっという間に確立しました。現在はバイオリン弦、ビオラ弦、チェロ弦を生産しています。バイオリン弦とビオラ弦はシンセティック・コア弦です。

ダダリオ社/D'Addario

1918年、イタリア移民のチャールズ・ダダリオがアメリカ・ニューヨークで弦の生産を開始し、総合弦メーカーとして発展してきました。バイオリン弦、ビオラ弦、チェロ弦の専門メーカーだったカプランを買収し、バイオリン属の弦楽器部門でもトップシェアを獲得。安価なナイロン弦(プロアルテ)や非常に柔軟なスチール弦(ヘリコア)など、独特な銘柄で勝負しています。

その他

サバレス社(Savarez)はギター弦で大変有名なフランスの弦メーカーで、コレルリ・ブランドが知られています。フロジェル社(Frojel)はスウェーデンの弦メーカーでプリム・ブランドです。同じくスウェーデンからクラウン(Crown)ブランド。バイオリンのE線のみのブランドとしてレンツナー社(Lenzner)のゴールドブラカット、ヒルアンドサン(W.E.Hill & Sons)ブランドのヒル、カガンアンドゲインズ社(Kagan & Gaines)のウェストミンスターがあります。
バイオリン弦 ヴァイオリン弦 ビオラ弦 ヴィオラ弦 チェロ弦 コントラバス弦 トマスティック-インフェルト ピラストロ ヤーガー ラーセン
[ 2012/09/25 02:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)

初心者がチェロ入門セットを購入する利点

チェロ購入に限らず、初心者にとってはしっかりした道具を選ぶことが、上達ややる気に大きくかかわることであることは、どの分野でも共通のことだと言えるでしょう。チェロ選びで失敗しないためにおすすめなのは、よくあるチェロ入門セットやチェロ初心者セットなどという名前で販売されている商品から選ぶことです。

このような形で販売されているチェロセットには、次のような特徴があります。

・品質の安定した定評のあるブランドの商品を組み合わせていることが多い
・初心者にも弾きやすく、オーソドックスなチェロらしい音が出るタイプの楽器が選択されていることが多い
・チェロや弓などの組み合わせのバランスとコストパフォーマンスの良い選択がされていることが多い
・セット割引でお得な価格であることが多い

言うまでもなく、このようなセットは初心者にはぴったりで、大きな失敗も少ないでしょう。もちろん中には安価なだけで粗悪なチェロセットもありますから、是非慎重に選んでください。ここでの粗悪の定義としては、プレス加工品や吹付けニスのチェロであること、弓がフェルナンブーコ材ではなくブラジルウッド材など代替木材を使用していることなどです。

失敗を避けるためのひとつのアイディアとしては、セットに組まれているチェロや弓が、チェロ単体や弓単体でも販売している高品質な商品であることもヒントになります。例えばこちらは初心者の入門用におすすめのチェロセットの一例です。これらの中から選べば、初心者向けチェロ入門セットとして十分に満足ができ、上達した後も長く使えるものとなるでしょう。
チェロセット チェロ初心者セット チェロ入門セット 初心者セット 入門セット チェロ弓 チェロケース 選び方
[ 2012/09/24 00:47 ] チェロ初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)

初心者がビオラ入門セットを購入する利点

初心者のビオラ購入は、間違いのないものを選ぶかどうかで後々の練習の進捗にも大きな影響を与えます。やはり失敗だけは避けたいものですね。おすすめなのは、色々なお店でよく見かけるビオラ入門セットやビオラ初心者セットなどという名前で販売されている商品です。

こういったビオラセットには、以下のような傾向が見られます。

・品質の安定したブランドを組み合わせていることが多い
・弾きやすくビオラらしい音が出る丁度良いサイズのビオラが選択されていることが多い
・組み合わせのバランスとコストパフォーマンスの良い選択がされていることが多い
・セット割引でお得な価格であることが多い

つまり初心者にはうってつけの条件をほぼ満たしているのです。もちろん安価なだけで粗悪なビオラセットには気をつけなければなりません。ここでの粗悪の定義としては、ビオラがプレス加工品や吹付けニスであること、弓がフェルナンブーコ材ではなくブラジルウッド材など代替木材を使用していることなどです。

ポイントは、単体でも販売している高品質なビオラや弓を組み合わせてセットにしている商品を選ぶことです。こちらは初心者の入門用におすすめのビオラセットの一例です。これらの中から選べば、初心者向けビオラ入門セットとしては申し分ないと言えるでしょう。
ビオラセット ヴィオラセット ビオラ初心者セット ビオラ入門セット 初心者セット 入門セット ビオラ弓 ビオラケース 選び方
[ 2012/09/18 14:49 ] ビオラ初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)

初心者がバイオリン入門セットを購入する利点

初心者がバイオリンを購入する場合に、やはり失敗は避けたいものですね。そんなときに良い選択肢となるのがバイオリン入門セットやバイオリン初心者セットなどという名前で販売されている商品です。

こういったバイオリンセットには、以下のような傾向が見られます。

・品質の安定したブランドを組み合わせていることが多い
・組み合わせのバランスとコストパフォーマンスの良い選択がされていることが多い
・セット割引でお得な価格であることが多い

こうして見ると良いことずくめですが、もちろん安価なだけで粗悪なバイオリンセットを選んでしまっては元も子もありません。そもそも、激安な粗悪品のバイオリンというのはセットになって売っているものですから、その手の商品と間違わないように気をつけたいところです。

ポイントは、単体でも販売している高品質なバイオリンや弓をセットにしたものを選ぶことです。こちらは初心者の入門用におすすめのバイオリンセットの一例です。これらの中から選べば、初心者向けバイオリン入門セットとしては申し分ないと言えるでしょう。
バイオリンセット ヴァイオリンセット バイオリン初心者セット バイオリン入門セット 初心者セット 入門セット バイオリン弓 バイオリンケース 選び方
[ 2012/09/15 15:06 ] バイオリン初心者向け入門情報 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

弦左衛門

Author:弦左衛門

最新コメント
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。